スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- | スポンサー広告  TOP

PHP Windows環境下でmb_send_mailを使う。

Windows環境下でPHPの関数であるmb_send_mail()を使う場合は、sendmailかあるいは他のSMTPサーバが動いている必要があります。それともう一つ問題があって、プロバイダがスパム業者対策で内部からのSMTPの通信を排除している場合があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Outbound_Port_25_Blocking
ローカルでsendmailのテストがしたい場合、困ってしまいますよね。

そこで、「sendまね~る」の登場です。下記サイトの下のほうに1.00のダウンロードがあります。
http://xoops.hypweb.net/modules/mydownloads/viewcat.php?cid=1
対応がWindowsXPまでしか書いてませんがVistaでも問題なく使えてます。
「sendまね~る」は実際のSMTPサーバではなく、sendmailサーバの振りをして本物のSMTPサーバにバイパスしてくれるソフトですので、実際のメール送信にはプロバイダ等の本当のSMTPサーバを使います。

解凍したら、XAMPPと同じフォルダ下にでも移動しておきます。
で、コマンドプロンプトを、「sendまね~る」のフォルダに移動して初期化を行います。
私の場合が、

C:\>cd xampp\sendmane
C:\xampp\sendmane>sendmane

これで初期設定するのですが、本当のSMTPサーバの情報を入力する必要があります。

SMTPサーバのアドレス?(IPを奨励)
[]:smtp.server.co.jp
SMTPポート番号?(通常は25)
[25]:
送信者のメールアドレス?
[]:hoge@example.co.jp
送信者の名前?
[]:name
SMTP認証の使用 Yes=1 No=0 ?
[0]:0

って感じです。
うまく設定されたか、早速テストしてみましょう。

C:\xampp\sendmane>type sendtest.txt | sendmane [あなたのメールアドレス]
です。これでちゃんとメールが届けば、「sendまね~る」は準備が完了ですね。

続いて、php.iniを修正してmb_send_mail()を使えるようにします。
次の2項目のコメントを外して有効にした後、sendmail_pathをsendmaneに変更します。
sendmail_from = me@example.com
sendmail_path = "c:\xampp\sendmane\sendmane.exe -t -i"

これが終わったら、Apacheサーバを停止して再起動します。
で、phpinfo()で組み込み状態を確認です。
sendmail_from  me@example.com
sendmail_path
c:\xampp\sendmane\sendmane.exe -t -i
SMTP   localhost
smtp_port 25

と成っていたらOKですね。
では、PHPで送信してみましょう。

<?php
mb_send_mail("to@example.com","タイトル","内容","From:".mb_encode_mimeheader("ソフト屋 巣")."<from@example.com>");
?>

うまく送信できましたか?
これで全て完了です。ご苦労様でした。

スポンサーサイト

2009/02/18 | WEBサイト HTML/CSS/PHPCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「漫画家・小説家データベース」の進行状況

「漫画家・小説家データベース」サイトは今月中に正式公開できそうです。
名前の読み仮名付けが大変で苦労しております(特にBL系)。
最初は間違いだらけかも知れません(^_^;)
まず、ベータ公開しますのでお試しください。

最終的には、「漫画家・小説家データベース」サイトで選んだ漫画家や小説家名を「発売日ナビ」に登録できる機能を追加しますのでお楽しみに。

始めてのPHPでのサーバーサイドプログラミングですが、以外に難しくないですね。
「発売日ナビ」でSQL文に慣れていたのが大きいかも。
さて、もう少しだプログラミングしようっと。

2009/02/15 | WEBサイト HTML/CSS/PHPCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

PHP 初めてのPHPって事でxamppで環境導入。

とりあえずローカルサイドで開発するため、有名なxamppでapache、PHP、MySqlを一括インストールをします。良くわからなかったので、最新版と言う事でxamppのサイトから1.7.0をダウンロードしてインストールしました。が大きなワナが・・・。PHP4が入ってません!WebGarageZeroのサーバは、PHP4しか使えないので意味なし!

しかたなく調べてみると1.6.8にはPHP4が入っている模様、早速1.7.0をアンインストールして1.6.8を導入しました。

で環境を整えて、やっとPHP4が動くことを確認。
これだけで、どっと疲れが。
さて、PHPの入門書でも読みながらWEBアプリを作るか~。

「漫画家・小説家データベース」への道のりは遠い。

つづく。

2009/01/15 | WEBサイト HTML/CSS/PHPCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ボタン画像を使ったWEBサイトの構築。

って事で今回は、私のツール「ボタン工房」を使ってWEBサイトにリンク用の押しボタンを構築してみてます。
まず、これがボタンの画像です。
サンプルボタン

このボタン画像はボタン工房で「3つの状態を縦に」でセーブしたpngファイルです。
なぜ「ベータ版」と書かれているか言うと新しく構築しているサイトで使う画像を流用しました。
で、それの動くサンプルを右のプロフィールの真下に置いてみました。 →
押すと私のホームページにリンクします。

ホバー状態と押した状態にも対応しているのに気づいてもらえましたでしょうか?それにちゃんとTIPSも表示されるんですよ。興味が出てきました?
んで、これを書く為にはHTMLとCSSで記述します。

「CSSのコード」
#Buttons{
position: relative;
width: 100%;
}

#Buttons span{
margin: 5px;
width: 108px;
float: left;
}

#Buttons span a{
display: block;
width: 100%;
height: 20px;
text-indent: -9999px;
background-repeat: no-repeat;
overflow: hidden ;
}

#Buttons span a:hover{
background-repeat: no-repeat;
}

#Buttons span a:active{
background-repeat: no-repeat;
}

#btnlink a,btnlink a:hover,btnlink a:active{ background-image: url(info_beta.png);}
#btnlink a{ background-position: 0 0; }
#btnlink a:hover{ background-position: 0 -20px; }
#btnlink a:active{ background-position: 0 -40px; }

「HTMLのコード」
<div id="Buttons">
    <span id="btnlink" title="リンクボタンのテストです">
        <a href="http://hp.vector.co.jp/authors/VA047235/">&nbsp;</a>
    </span>
</div>

細かい説明は省きますが、自分のサイトに組み込んで試してみてください。

2008/04/19 | WEBサイト HTML/CSS/PHPCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。