スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- | スポンサー広告  TOP

PHP Windows環境下でmb_send_mailを使う。

Windows環境下でPHPの関数であるmb_send_mail()を使う場合は、sendmailかあるいは他のSMTPサーバが動いている必要があります。それともう一つ問題があって、プロバイダがスパム業者対策で内部からのSMTPの通信を排除している場合があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Outbound_Port_25_Blocking
ローカルでsendmailのテストがしたい場合、困ってしまいますよね。

そこで、「sendまね~る」の登場です。下記サイトの下のほうに1.00のダウンロードがあります。
http://xoops.hypweb.net/modules/mydownloads/viewcat.php?cid=1
対応がWindowsXPまでしか書いてませんがVistaでも問題なく使えてます。
「sendまね~る」は実際のSMTPサーバではなく、sendmailサーバの振りをして本物のSMTPサーバにバイパスしてくれるソフトですので、実際のメール送信にはプロバイダ等の本当のSMTPサーバを使います。

解凍したら、XAMPPと同じフォルダ下にでも移動しておきます。
で、コマンドプロンプトを、「sendまね~る」のフォルダに移動して初期化を行います。
私の場合が、

C:\>cd xampp\sendmane
C:\xampp\sendmane>sendmane

これで初期設定するのですが、本当のSMTPサーバの情報を入力する必要があります。

SMTPサーバのアドレス?(IPを奨励)
[]:smtp.server.co.jp
SMTPポート番号?(通常は25)
[25]:
送信者のメールアドレス?
[]:hoge@example.co.jp
送信者の名前?
[]:name
SMTP認証の使用 Yes=1 No=0 ?
[0]:0

って感じです。
うまく設定されたか、早速テストしてみましょう。

C:\xampp\sendmane>type sendtest.txt | sendmane [あなたのメールアドレス]
です。これでちゃんとメールが届けば、「sendまね~る」は準備が完了ですね。

続いて、php.iniを修正してmb_send_mail()を使えるようにします。
次の2項目のコメントを外して有効にした後、sendmail_pathをsendmaneに変更します。
sendmail_from = me@example.com
sendmail_path = "c:\xampp\sendmane\sendmane.exe -t -i"

これが終わったら、Apacheサーバを停止して再起動します。
で、phpinfo()で組み込み状態を確認です。
sendmail_from  me@example.com
sendmail_path
c:\xampp\sendmane\sendmane.exe -t -i
SMTP   localhost
smtp_port 25

と成っていたらOKですね。
では、PHPで送信してみましょう。

<?php
mb_send_mail("to@example.com","タイトル","内容","From:".mb_encode_mimeheader("ソフト屋 巣")."<from@example.com>");
?>

うまく送信できましたか?
これで全て完了です。ご苦労様でした。

スポンサーサイト

2009/02/18 | WEBサイト HTML/CSS/PHPCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「漫画家・小説家データベース」の進行状況

「漫画家・小説家データベース」サイトは今月中に正式公開できそうです。
名前の読み仮名付けが大変で苦労しております(特にBL系)。
最初は間違いだらけかも知れません(^_^;)
まず、ベータ公開しますのでお試しください。

最終的には、「漫画家・小説家データベース」サイトで選んだ漫画家や小説家名を「発売日ナビ」に登録できる機能を追加しますのでお楽しみに。

始めてのPHPでのサーバーサイドプログラミングですが、以外に難しくないですね。
「発売日ナビ」でSQL文に慣れていたのが大きいかも。
さて、もう少しだプログラミングしようっと。

2009/02/15 | WEBサイト HTML/CSS/PHPCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。