スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- | スポンサー広告  TOP

MFC ダイアログ中のコントロールにビューを割り付ける。

今日のテクニックは、ダイアログ上のコントロールにCViewの派生クラスを貼り付けるテクニックです。今日は例としてダイアログにCHtmlViewを貼り付けてgoogleを表示してみましょう。

(1)ダイアログ上にコントロールを作成する。
リソースエディタで、「static text」で表示したい範囲を指定したコントロールを貼り付ける。
仮に、IDC_STATIC_FRAMEとします。

(2)コントロールに変数を割り付ける。
先ほど作成したコントロールに、コントロール変数を割り付けます。
仮に、ViewFrameとします。

(3)CHtmlViewをコントロールに割り付ける。

#include "afxpriv.h"
#include "afxhtml.h"

OnInitDialogの最後のほうで処理します。

BOOL CDialogInViewDlg::OnInitDialog()
{
CDialog::OnInitDialog();

: OnInitDialogの処理

// 表示フレームの表示範囲を得る。
CRect rect;
ViewFrame.GetWindowRect( &rect );
ScreenToClient( &rect );

// 表示フレーム内のビューの作成
CRuntimeClass* pClass = RUNTIME_CLASS(CHtmlView);
CHtmlView *pView = (CHtmlView*)(pClass->CreateObject());
pView->Create(NULL, NULL, WS_VISIBLE|WS_CHILD, rect, this, 0, NULL);
pView->SendMessage(WM_INITIALUPDATE);

// googleのホームページを表示します。
pView->Navigate(_T("www.google.co.jp"));

return TRUE; // フォーカスをコントロールに設定した場合を除き、TRUE を返します。
}

画面のイメージ
DlgInView.png


何かの役に立ったら幸いです。
もし役に立ったら、コメントか拍手をお願いします。
でわでわ。

2008/06/16 | プログラミングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。